樫野庭園

延岡市 H邸

スリッパ履きで出れるリビングガーデン
今回のお庭は、施主様から古い小屋を解体するにあたって庭の素材として使えるものがあるかとのご相談を受け、牛小屋入口のドア、石うす(ハミ入れ:牛小屋にあったえさ入れ)、もろぶた、なべのふた、カメ…を持ち出しました。持ち出した木材には、防虫を兼ねた薬剤処理を施しました。
家の前の道路が交通量が多く、目隠しを兼ねた木柵と、除草するスペースをなるべく減らす為に板張りにし、板張りと木柵の間に植栽のスペースも設けてあります。

基本情報

所在地 / 宮崎県延岡市

施工前写真

施工状況

樹木・庭石その他撤去完了

木柵柱立て込み

床板張り

既存の石うす設置

完成写真

土を入れて植栽スペースにしました。その中に枕木・流木・ゴロタ石を入れ下草をからませてあります。手前の少し空いた部分は、野菜を植えるスペースとして残してあります。石うすの後ろには牛小屋のドアを組み込んでみました。木ぶたを使って植木鉢を置ける台を作りました。

石うすの足元、その後方には植栽スペースが設けてあり床板との縁切りには、張り石と瓦が使用してあります。

僅かなスペースではありますが、樹木の植栽をしてみました。ソヨゴ・モミジ・ヒメシャラ・エゴノキ。低木はマンリョウ・ジンチョウゲなどを配置し、下草はリューノヒゲ・オリズルラン・スイセン・キチジョウソウ・ツワブキ・セダムが入れてあります。

既存の石うすとカメ・もろぶた・木戸で「和」をイメージしてみました。

トップへ戻る